矯正治療

当院の矯正治療

ネオキャップ・ビムラー矯正

「ネオキャップ」と言われる白いプラスチック製の被せ物と、取り外し可能な「ビムラー」と言われる装置を使用し、お子さんがもともと持っている口腔機能の成長発育を促すことで歯並びを整えていく治療法です。ビムラーは、1日8時間以上の使用が必要条件となります。睡眠時の使用を基本としていますが、より効果を高める為に、当院では、日中1時間以上の装着をプラスすることをおすすめしています。

国際機能矯正臨床研究会(IFOCS)より認可を受けた歯科医院でのみ取り扱いが可能です。 装置は取り外し式で、基本的には外出時に使用しませんので、見た目を気にすることなく、通常通り歯磨きできます。

また、従来の矯正装置のように強制的に力を加えるものではないので痛みが少なく、お口まわりの筋肉のバランスを整え、歯並びが悪くなる原因を根本から取り除くため、治療後の後戻りが少ないのも特徴です。

 

口腔筋機能療法(MFT:マイオファンクショナルセラピー)

乳歯の生えそろう2,5歳~3歳ころより、舌や唇、頬などの口まわりの筋肉の年齢に応じた成長発育が非常に大切です。MFTでは、将来、歯並びの不正の要因となりうる舌の癖や口呼吸などの悪習癖の除去し、お口まわりの正常な機能発育を促すために行います。

口腔周囲筋のバランスを整えることは、矯正終了後の後戻りを防ぐためにも有効です。

 

インビザライン・インビザラインGo(マウスピース矯正)

専用のマウスピースを装着して歯並びを整える矯正です。使用するマウスピースは透明なので、見た目を気にせず治療することができます。また、簡単に取り外しができますので、お食事や歯磨きの時は外していただけます。取り外して清掃することで、お口の中も清潔を保つことができますので、むし歯や歯周病のリスクも少ないです。毎日20時間以上装着して頂きますが、違和感や痛みが少ないのも特徴です。治療開始前に、専用のスキャナーでお口の中をスキャンし、治療後の歯並びのイメージをお伝えすることができますので、安心して治療に入っていただけます。

 

子どもの矯正のタイミング

出来れば永久歯が生える前にご相談いただけると、相談後、時間的に余裕をもって検討できるのでオススメです。

また、3~6歳の時期というのは乳歯列が完成し歯の本数が基本的に変化しない状態で過ごすため、お口の機能の成長が期待できる最初の大切なステージなのです。歯並びが気になったら、矯正をする・しないに関わらず、早い段階でご相談ください。お口の状況に合わせて矯正のタイミングをご提案させていただきます。

その他、ご家族や本人が気になった時は、相談のタイミングだと思っていただいて大丈夫です。

子どもの矯正のメリット

子どもの矯正のメリット子どもの顎はまだ成長段階にあるので、成長の力を利用した矯正が可能です。顎を広げて歯のスペースを確保できることも多く、将来、矯正治療時に抜歯をしなくても済む可能性が高くなります。

歯並びが整うと、当然ながら歯磨きがしやすいので、むし歯や歯周病の予防につながります。

また、本人が歯並びを気にしている場合は、早いうちにコンプレックスがなくなることで、お子さまが笑顔で健全な生活を送れることは、お子さまの心と体の成長を考えるうえでは非常に大きなメリットです。

アクセス・診療時間 0225-22-4618
一番上に戻る一番上に戻る